■戻る

概要

このマクロについて

  • この調査書作成支援ツールは、Microsoft Excel VBA で作成されたツールです。長野県公立高等学校提出用の調査書の内容を編集し、指定の形式で印刷することができます。非常に有用かつ便利なマクロです。
  • 入手方法は次の通りです。
  1. 「07/11/25版 ダウンロード」をクリックし、「chosa071125.exe」をダウンロードする。
  2. このファイルは自己解凍ファイルなので、クリックして解凍する。
  3. 「調査書作成支援ツールH20.xls」 と「ヘルプ」が得られる。
  • ダウンロードファイルは、約1.6MBあります。(解凍すると約11.4MBになります。)
  • ダイヤルアップの環境では、ダウンロードに時間がかかりますのでご注意下さい。
  • 動作には、Microsoft Excel が必要です。2000 , 2002 , 2003 で動作確認をしてあります。Excel 2007 では動作しません。
  • このマクロの運用によって生じた損害等について、作者は一切の責任を負いません。
  • 作者に無断でプログラムを改変することを禁止します。

使い方の概要

次のような流れで編集・印刷をして下さい。

  1. Excelで読み込み、「マクロを有効にする」ボタンを押します。左側にメニューが表示されます。
  2. 「初期項目入力」画面で、年度、中学校名、記入責任者氏名等、生徒全員に共通する部分を入力します。
  3. 「入力」画面で、生徒氏名、出欠・健康の状態、各教科の学習記録等、個々のデータを入力します。
  4. 「編集・プレビュー」画面で、内容の確認をします。この画面で編集することもできます。
  5. 「印刷」画面から印刷を実行します。

過年度卒業生の記入について

  • 過年度生は41番以降に記入してください。
  • 「卒  業」「卒業見込み」の取り消し線は自動で変わります。卒業年度の数字は変わりませんので、現役生徒に引き続き印刷すると卒業年度が同じに印刷されてしまいます。一旦「初期項目入力」画面に戻り、年度を書き換えてから印刷してください。
  • 「中学校卒業後の学習の状況」は、「編集・プレビュー」画面へ直接入力してください。



「中学校卒業後の学習の状況」は、ここに直接入力して下さい。

  • このデータは一覧には表示されませんが、「A生徒」画面一番右端のCFセルに保存されます。「A生徒」画面で氏名の欄が空の状態で閉じると、CFセルのデータは消えます。

生徒氏名のふりがなの割付について

  • 文字数によって生徒氏名とふりがなの位置が一致しない(漢字の真上にふりがながふれない)場合があります。ふりがなのセルは均等割付になっていますので調整がしにくいと思います。この場合、セルを左詰め(標準)に戻した方が調整しやすいと思います。
  • シートは保護されていますがパスワードはかけていませんので解除して下さい。

表示について

  • Excel のセルの特性上、マクロ上での表示が実際の印刷と異なることがあります。
  • 「編集・プレビュー」画面で表示がずれていても、実際の印刷では正しく印刷されるよう設定してあります。正確な表示を見たい場合は、Excelのプレビュー機能を利用して下さい。

その他

  • 学校名を2行18文字まで入力できます。